虫ヶ峰風力発電所

虫ヶ峰風力発電所は、石川県の能登半島の中央部、標高292mの虫ヶ峰に設置された風力発電所である。

この風力発電所へのアクセスとしては、現在は無料化され道路名称も改称された「のと里山海道」の横田ICで降りて、県道23号を5kmほど進むと左側に風力発電施設に通じる林道がある。この林道は、施設建設のため全て舗装されているため、通行の心配をする必要はないだろう。

虫ヶ峰風力発電所は、風車の真下まで接近して見学する事ができるため、大きな風車の迫力を間近に体感できる。

2004年11月から運転を開始した第一期の風車として、ドイツのREpower社製(MD77 1,500kW)が6基設置されている。また、2006年11月から運転を開始した第二期の風車として、ドイツのGE-Wind energy社製(1.5sle 1,500kW)が4基設置されている。

なお「のと里山海道」は、日本の道100選にも選ばれた日本海を望む風光明媚な快適路であり、ドライブコースとしても是非訪れたい。

風力発電所データ

名前虫ヶ峰風力発電所
所在地石川県七尾市
総出力15MW
風車数10基
運転開始2004年11月
見学設備
駐車場
接近可能
その他

風車データ

メーカーREpower / GE-WInd energy
製造国ドイツ
機種MD77 / 1.5sle
単基出力1.5MW
タワー高さ63.6m
ローター直径77m
受風方式アップウィンド
増速機

アクセス

タイトルとURLをコピーしました