姫神ウィンドパーク

姫神(ひめかみ)ウィンドパークは、岩手県盛岡市に設置された風力発電所である。盛岡市としては初の風力発電所となる。

この姫神ウィンドパークは、姫神山南部の山麓の牧場内に位置しており、年間を通じて南西方向から吹く強い風を利用して、発電が行われている。

発電所は標高約1000m付近に位置しているため、ここからの眺望は素晴らしい。

姫神ウィンドパークでは、日立製作所製のダウンウィンド型の風車が採用されている。タワーより風上側でブレードを回転させるアップウインド型と異なり、ダウンウィンド型はタワーより風下側でブレードを回転させる方式である。

このダウンウィンド型の風車は、地表から吹き上げる風を効率よく捉える事ができ、山がちな日本の地形に適するとされている。

発電所までのアクセスとしては、国道455号から天峰山(てんぽうざん)の方へ北に向けて曲がると、風車の近くまで進むことができる。

また、風車まで進む途中の天峰山からは、盛岡市内・岩手山を一望することができその景色は絶景であるため、合わせて訪れたい。

風力発電所データ

名前姫神ウィンドパーク
所在地岩手県盛岡市
総出力18MW (2MW x 9)
風車数9基
運転開始2019年4月
見学設備
駐車場
接近
その他

風車データ

メーカー日立製作所
製造国日本
機種HTW2.0-86
単基出力2MW
タワー高さ78m
ローター直径86m
受風方式ダウンウィンド
増速機有り

アクセス

●滝沢ICから車で約40分

●盛岡駅から車で約50分

関連リンク

姫神ウィンドパークの訪問記・・・写真も多く、訪問の際にとても参考になる。

盛岡市環境部の周辺観光コース・・・姫神ウィンドパークを起点とした周遊コースが参考になる。

関連動画

タイトルとURLをコピーしました