⼤分ウィンドファーム

⼤分ウインドファームは、大分県大分市、臼杵うすき市にまたがる行政界付近の尾根部に建設された風力発電所である。

風車の位置は、ちょうど九六位峠くろくいとうげから御所峠ごせんたおを繋ぐ道路の中央付近である。

(※御所峠の読み方についてWikipediaによると、「ごせんたお」「ごせんとうげ」「ごせんた」「ごしょとうげ」など、様々なようだ。)

この風力発電所の位置には北西からの強い風が年間を通じて吹いており、大分県内でも有数の風力発電に適した地域だった。

⼤分ウインドファームの風車群は大分市内や臼杵市内からも望むことができ、天気が良い日には四国の佐多岬半島からも望むことが可能である。

⼤分ウィンドファームには、GE製の単基出力3.2MWという巨大な風車が、5基設置されている。

風車の管理道へ分岐する道はチェーンで進入禁止になっているが、林道からもかなり間近に風車見学することが可能で、大型風車が運転する様子を体感できる。

なお、以前は「⼤分ウィンドファーム(⻄)」がこの風力発電所の正式名称として利用されていたが、「大分ウィンドファーム」に変更されたようだ。

スポンサーリンク

風力発電所データ

名前⼤分ウィンドファーム
所在地大分県大分市、臼杵市(風車設置は臼杵市のみ)
総出力14MW(14MWに出力制限されている)
風車数5基
運転開始2023年4月
見学設備
駐車場
接近不可(風車の管理道はチェーンで進入禁止になっている)
その他

風車データ

メーカーGeneral Electric
製造国
機種GE3.2-103
単基出力3.2MW
タワー高さ85m
ローター直径103m
受風方式アップウィンド
増速機

アクセス

関連動画

●⼤分ウィンドファームへ、マウンテンバイク(電動アシスト自転車)で訪問した動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました