新能代風力発電所

秋田県能代市浅内浜から見た能代風力発電所の風車群

著作権者:掬茶さん、ライセンス:CC BY-SA 4.0、wikipedia

新能代(のしろ)風力発電所は、日本海に面する秋田県能代市の浅内(あさない)地区に位置する風力発電所である。

能代の海岸は、“風の松原”に代表される防風林が連なっており、四季を通じて風が強い事で知られている。この風を有効に利用するため、海岸線に沿って計7基の風車が設置されている。

新能代風力発電所の風車はEnercon製であり、ナセルの形が卵型である事が特徴的である。

なお、この新能代風力発電所の風車7基を挟むようにして、北側と南側に風の松原風力発電所の風車が建設されている。

風の松原風力発電所も同じくEnercon製の風車であり、2つの発電所を合わせると24基もの風車が海岸線に立ち並び、その光景はまさに圧巻である。

なおこの風力発電所は、2001年11月から能代風力発電所として営業運転を行っていたが、風車のリプレースに伴い発電所名も新能代風力発電所へと改められている。

以前の能代風力発電所には、より小型のEnercon製の風車が24基設置されていた。

上の写真も、能代市浅内浜から見た旧能代風力発電所の風車群である。海岸線に沿って規則正しく一列に並んだ風車は、壮観でとても美しい。

スポンサーリンク

風力発電所データ

名前新能代風力発電所
所在地秋田県能代市
総出力14.4MW(出力制御により総出力を14.4MWに抑制)
風車数7基
運転開始2021年12月
見学設備
駐車場
接近
その他

風車データ

メーカーEnercon
製造国ドイツ
機種E-82 E2
単基出力2.3MW
タワー高さ78m
ローター直径82m
受風方式アップウィンド
増速機無し

リプレース前の風力発電所データ

名前能代風力発電所
所在地秋田県能代市
総出力14.4MW
風車数24基
運転開始2001年11月
見学設備
駐車場
接近可能
その他

リプレース前の風車データ

メーカーEnercon
製造国ドイツ
機種E40 E2
単基出力0.6MW
タワー高さ46m
ローター直径44m
受風方式アップウィンド
増速機無し

アクセス

コメント

タイトルとURLをコピーしました