岩屋ウィンドパーク

岩屋ウィンドパークは、青森県東通村(ひがしどおりむら)に設置された風力発電所である。

日本で風力発電が最も盛んな場所は青森県の下北半島であり、岩屋ウィンドパークもこの下北半島の東通村に建設されている。

岩屋ウィンドパークは、1998年に完成した岩屋風力発電所(2基の風車)の好実績をもとに、2003年2月に18基の増設がなされたものである。合わせて20基の風力発電機が設置されており、一大風力発電所となっている。

コスモエコパワー㈱が運営する岩屋ウィンドパークは、㈱ユーラスエナジーホールディングスの運営する岩屋ウインドファームと隣接して設置されている。

周辺には、厳冬の吹雪に耐え寒風に立つ「寒立馬(かんだちめ)」で有名な尻屋崎(しりやざき)があり、津軽海峡対岸には北海道も望むことができる。

また、むつ市内の釜伏山展望台(恐山)からも、遠くこの発電所を目にする事ができる。

風力発電所データ

名前岩屋ウィンドパーク
所在地青森県東通村
総出力27MW
風車数18基
運転開始2003年2月
見学設備
駐車場
接近
その他釜伏山展望台から遠望できる

風車データ

メーカー
製造国
機種
単基出力1.5MW
タワー高さ68m
ローター直径64m
受風方式
増速機

アクセス

タイトルとURLをコピーしました