リエネ松前風力発電所

リエネ松前風力発電所は、北海道南部の渡島半島(おしまはんとう)南西部に位置する松前町に設置された風力発電所である。かつては松前藩の松前城城下町であった場所である。

リエネ松前風力発電所の特徴は、①北海道初の蓄電池併設型風力発電所であること、②日本最大の風車(2019年4月時点)を有すること、である。

①北海道初の蓄電池併設型風力発電所

リエネ松前風力発電所は蓄電池併設型風力発電所である。北海道電力の「風力発電設備の出力変動緩和対策に関する技術要件」を満たす風力発電所として、初めて運転を開始した風力発電所となる。本発電所は、蓄電池システムを利用することで、風による発電の出力変動を吸収し、安定した電力供給が可能となっている。

②日本最大の風車

本発電所はシーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジー社製の風車(定格出力3,400kW)12基を採用している。タワーの高さは94m、ブレードを含めた全高は148mとなり、2019年4月時点で運転している風車としては日本最大である。

風力発電所データ

名前リエネ松前風力発電所
所在地北海道松前町
総出力40.8MW
風車数12基
運転開始2019年4月
見学設備
駐車場
接近可能
その他

風車データ

メーカーシーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジー
製造国スペイン
機種
単基出力3.4MW
ハブ高さ94m
ロータ直径53m
受風方式アップウィンド
増速機

アクセス

関連動画

【事業紹介動画】リエネ松前風力発電所(2019年4月3日運転を開始)
タイトルとURLをコピーしました