オトンルイ風力発電所

オトンルイ風力発電所(晴)

オトンルイ風力発電所(正面)

一列に並んだオトンルイ風力発電所の風車

オトンルイ風力発電所と利尻山と天塩川

オトンルイ風力発電所と利尻山と天塩川

オトンルイ風力発電所は、北緯45度線上に位置する北海道幌延(ほろのべ)町浜里地区に設置された風力発電所である。日本海に面し、年間を通じて安定した風が吹くため、風力発電所の好立地である。

日本海オロロンライン・道道106号(稚内天塩線)沿いの、南北3.1kmに風車が一列に並んでいる。付近は、初夏にはエゾカンゾウ、ハマナスが咲き乱れるという原生花園である。

風車は、オランダのラガウェイ社製であり、ナセルが取り付けられているタワー最上部には、縦に「LAGERWEY」の文字が記載されている。増速機の無い型のナセルであるため、前後に短い事が確認できる。

風車が並ぶ3.1㎞の区間の中ほどには、道道の海側にサロベツ原野パーキングがあり、無料で利用できる駐車場が設けられている。下の地図では、このサロベツ原野パーキングの位置をマーカーで示している。ここには東屋も設置されているため、車やバイクを止めてゆっくりと日本海の風を感じながら、原野の中で回る風車の壮大な風景を楽しむことができる。海側には、好天時は利尻島の利尻山を眺める事もできる。

北海道の原始的な自然の美しさの中に立ち並ぶ風車の光景は、実に壮観であり一度は訪れたい。

なお、オトンルイとはアイヌ語で「浜にある道」という意味があるようだ。

このオトンルイ風力発電所へのアクセスとしては、最寄りの天塩町からでも10km程度の距離があるため、自動車かバイク、もしくは長距離ツーリングとしての自転車で訪れる事になる。

風力発電所データ

名前オトンルイ風力発電所
所在地北海道幌延町
総出力21MW
風車数28基
運転開始2003年
見学設備サロベツ原野駐車公園に東屋、トイレ有
駐車場有(サロベツ原野パーキング 14台/無料)
接近可能
その他

風車データ

メーカーLagerwey
製造国オランダ
機種LW50/750
単基出力0.75MW
ハブ高さ74m
ロータ直径50.5m
受風方式アップウィンド
増速機無し

アクセス

関連動画

関連リンク

【ニッポン旅マガジン】オトンルイ風力発電所・・・美しい写真が多数掲載されている。

タイトルとURLをコピーしました