せたな大里ウインドファーム

せたな大里ウインドファーム(全景)

立象山公園から見た、せたな大里ウインドファームの全景

せたな大里ウインドファームは、北海道せたな町に設置された風力発電所である。

北海道せたな町は、北海道最西端に位置しており、日本海から吹く特有の強い風を活かした風力発電機が設置されている。

瀬棚区の臨海部では、2004年に日本初の洋上風車「風海鳥(かざみどり)」が本稼働を始めた。その後、日本海を眼下に見下ろせる立象山(りっしょうざん)パノラマライン沿いに16基の風車が建設され「せたな大里ウィンドファーム」として2020年から運転を開始している。

臨海部及び山間部の風車群は、せたな青少年旅行村の中にある立象山公園の展望台より見渡すことが出来き、その海・山・風車群の光景は絶景である。

風力発電所データ

名前せたな大里ウインドファーム
所在地北海道せたな町
総出力50MW
風車数16基
運転開始2020年1月
見学設備
駐車場
接近可能
その他立象山公園に駐車場、トイレ有

風車データ

メーカーシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー
製造国
機種
単基出力3.2MW
タワー高さ
ローター直径
受風方式アップウィンド
増速機有り

アクセス

関連リンク

風車 <風力発電施設>・・・せたな観光協会による「せたな大里ウインドファーム」の紹介

タイトルとURLをコピーしました